【2011.4.10.『高円寺・原発やめろ!!!!!!』デモレポートと考察 by 栗原優】



『4.10高円寺・原発やめろ!!!!!!』デモ、参加してきました。
足がくったくたですが、心地好い疲れです。
15000人が参加したと、最後に聞きました!

(※写真はこちら)

ではまずはデモのルートを順を追ってザッと解説。
14時前に高円寺中央公園に着くと、すでに満員の人。
一旦裏道を歩いてみたりして戻ると、既に公園はギッシリで、主催者の松本哉さん(高円寺古着&リサイクル店「素人の乱」店主さん)を始めとして何人かの方の挨拶がありました。 子供を持つママたちの団体の方からは、「被災地の子供たちが無事大人になるまでの支援をしていこう」という言葉。
岩手から来られた方からは、原発は勿論反対、そして六ヶ所の使用済燃料の保管についての危惧。もしここで今回の震災のように事故が起これば日本どころか地球全体の危機に陥るというお話。再処理利用への疑念。
お話の後、バンドが数曲演奏。公園内も一体感が増してくる。ジャングルジムか滑り台や倉庫?の高台からは取材班と思われる人達がずっと様子を撮っています。海外の方、多数。
この頃には公園の中も外も、人だらけ、パフォーマンスもあちこちではじまっていました。また、使用済天ぷら油から発電をしているという団体の方達がおり、その場で油の回収を行ったりもしていました。

15時、デモ開始。とはいえあまりに大勢の人が続々と集まってきている為、実際行進が始まるのにも相当時間がかかりました。
待機していると、先導で一台の車がゆっくり進んできました。自分の位置からは見えなかったのですが、恐らくRANKIN TAXIさんとおもわれる、非常にナイスなライムがみんなを鼓舞しながら道を拓いてくれました、22年前につくったという詩も、今に完全にあてはまっていました。
シンプルな歌詞が、ストレートに飛び込んできた。"事故ってパニクるような発電はいらない。"というような台詞、他にも沢山。
その後をゆっくりと、様々なプラカードやメッセージボード、楽器を持った人々が続きます。

駅をぐるりと回るのにもかなりじわじわと進みました。
公園の中にいた僕らは駅前の人々と、警備にあたっている警官の間を音を出しながら、進みます。
その後のルートは、南下して新高円寺駅でくるりとターン、(ここまでで既に1時間)青梅街道を進み東高円寺駅を回って環七に戻り北上、高円寺駅北口広場までです。
途中、沿道の人々の撮影、外国の報道マンと思われる方の熱い実況や、歩道橋の上から同じ掛け声で応援してくれる人達、そして警察官の人たちとともに、ゆっくりゆっくり歩きました。
前にも後ろにも、端が見えない程の超長蛇の列。
音楽はほぼずっと鳴っていました。太鼓やタンバリンなど、何かを叩く音が一番多く、また、トランペットやギター、ウクレレの人も。僕はペットボトルをたたきながらたまに歌ってました。
東高円寺からラスト環七の頃はかなりみんな疲れも出ていましたが、歩道の方達から声援をうけては復活し、という感じで、どんどん一体化してきます。
(あくまで僕の書いているのは自分の周りの状況。前後は、またそれぞれ違った様子だったかもしれないです。自分がデモのどのあたりにいたのかもわからないくらい!)
ラスト、再び高円寺駅が見えてきたころはもう空は暗く、音楽もガンガン高鳴り、原発やめろの声とともにダンスが拡がり、誰も彼もが音を発しておりました。
沿道の方達も一緒に。その後ろには相当数の警官のひとたちがずらりと。
そしてラストの集合場所、高円寺駅北口広場に入るところでは、まるで長距離マラソンをしてきた人を迎えるゴールのように、先に着いた人達が祭のように賑やか且つ、同時に体中で反原発を訴える怒号をもって迎えてくれ、僕らみなそれに呼応しながら広場の中へ。
再び、今回の発起人である松本さんからの挨拶。
ここで、なんと今日のこの高円寺デモ、15000人集まったらしい、と発表される。凄い。
松本さん曰く、"一人ひとりの力は小さくても、こうやって15000人が集まって行進したことで、これだけの奴らが原発とめてほしがってるってことは伝わったはず!完全に原発とめるためにこれからもがんばりましょう"、と。
盛大な拍手とともに、一旦解散へ。このあと、ライブがあるとのお知らせや、それぞれ呑みにいくのもよし、ただ、この広場は早く空けなければいけない、とのお話がされていたので、恐らくみんなそれぞれが高円寺の町の次の目的地を目指し、散っていったと思われます。
僕ももう少しここでいろんな人たちと話をしたかったのだけれど、仕事(被災地関連の)がまっているのと、このレポを早くあげたかったこともありで帰宅することに。
広場の入り口では、更に次のアクションを起こす方達のビラをもらいました。ますます後ろ髪をひかれる思いで、駅へ。
しかし駅にて、デモで近くにいらしたミュージシャンの方とお話ができて、よかった!
このとき、既に19時すぎ。約4時間の行進でした。
(最後尾の人たちは何時に辿り着いたのだろう?知っている人がいたらおしえて!)
<僕が思ったこと。>
・同じ"反原発"といっている人の中でも、それぞれの考え方には相違がある。が、共通項が『原発をやめよう』ということ。この一点は同じ。だから、多少違ってもいいんだ、集まれるし、意味があるんだなと感じました。
・たとえば、本当の黒幕が誰だとしても。一人ひとりでは、それに直接立ち向かえないとしても。『原発を止めたい』ことが確かに"意志"ならば、これは意味がある、と感じられる。少なくとも、今までと同じで何もかわらない場所にいるのではなくて、「一つのコーナーを曲がる」くらいのことはできるとおもいました。
・エネルギー代替案は、いくつもあります。が、もし、それがまだ自分にはわからなかったとしても、みつけるのはあとでもいい。ただ、先に原発を止めたい。→これを言うことは悪いことではない。
・音楽、詩の力。絶大。

<歌を含め、看板メッセージの多種多様さ>
行進してない人もズラリと写真とってました。いろんなメッセージを紹介。
・「1.浜松を止めることから始めよう」
・「電気を 選択 する 自由を。」(「選択させろ!」)
・「核に頼らなくても私達は生きられる、声をだそう」
・奇形になってしまったうさぎが書かれたプラカード
・「原発=クリーンはもう古い。誰が責任もつのか?」
・「国民の命を守れないエネルギーはいらない」
・「福島のみなさんごめんなさい今まで原発のこと無関心でした」
・「うちの畑どうしてくれるの?!」
・「子供らにあやまれ!」
・「日本はもう新しい日本になろう」
・「いつまでも健康に影響のない電気がほしい」
・菜の花を持っているひと多数→土壌汚染除去効果があるため象徴とおもわれる。

横を歩いてるひとがいってた言葉
・「節電、問題ないよね。できるできる。扇風機でいいよ!」
・「畑返せ!!!」

<僕の今日の総括>
今回のデモのサイトに、はじめてデモに行く人への丁寧な解説書がリンクされており、そこに、ガンジーの言葉が書かれていました。
「あなたのおこなう行動が、ほとんど無意味だとしても、
それでもあなたは、それをやらなければなりません。
それは世界を変えるためにではなく、
あなたが世界によって変えられないようにするためにです。」
これで、かなりふっきれました。

(同様に、→本日の選挙も、おそらく原発反対の人にとってはほとんどが死票になるだろうと言われていた。しかし、死票になっても、どうしても「違う」と思う候補を「違う」ということを示すために、「死票」になってもかまわないから、選挙に「行く」べき、と言っている方を見かけました。
・・・都知事に関しては、希望はみごとに打ち砕かれましたが、票がどれだけ割れたか・どれだけの人が関心を持ち、「違う」といいにいったのか、これは多少なりとも示されたはず。なので、意味はあったでしょう。)

事故で命の危険がおこる発電はいらない。
スローライフな日本でいい。
最新技術の輸出、経済発展なのだと言われても、いらない。
もう原発を推し進めるのはよりも自然エネルギーを供給する技術の方が今求められている。
近い未来、あとすこしで地球上のウランも化石燃料もなくなる。
それより一日中ふりそそぐ太陽や洋上風力、地熱からの発電で生きる道はある。
原発が二酸化炭素を出さないというのも嘘であるし、そもそも放射能より二酸化炭素の方がマシだ。

4.10のデモのレポートと考察でした。
原発全廃まで、色々な角度から、運動は続けていきたいです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

栗原優

(※写真はこちら)


------------------------------------

yuu kurihara official site